心因性頻尿ライダーの独り言・はてなブログ

ブログで稼いだお金で美味しい焼肉を食べることを夢見る心因性頻尿と戦うポンコツライダーの日記

大型免許取得までの記録その5(中型・急制動シミュレーター)

こんにちは、MASAKIです。

 

今回はシミュレーターを使った急制動でした。

 

シミュレーターは50kmの時と80kmの時の空走距離がどれくらいあるかの確認と危険予知。

 

最初に直線を50kmで走ってて、アクセルに足を置いたままで信号が赤になったらブレーキを踏むというのを3回。

空走距離を5メートル以内って言われたけど自分は7メートル以上縮められなかった笑

 

次は状況は同じでブレーキに足を置いた状態で信号が変わるのを待つやり方。

これだとアクセルからブレーキに踏み変える移動がなくなるから確か空走距離1.1メートルくらいで止まれた(^^)

 

その後に信号が変わるタイミングを予想してブレーキするやり方もやったけどこれは大差なくて1回計測開始場所より早くブレーキ踏んでフライング。笑

 

時速80kmの時も同様の流れでやって結果はそんな変わらなかった。

もちろん、制動距離は伸びますけどね。

 

その次はカーブしながらでのブレーキ。

こっちは最初からブレーキに足を置いて信号が変わったらブレーキを踏むやり方。

最短2メートルくらいだったかな⁇

これはカーブに気をとられるから少し遅くなるよっていうやつ。

 

その後に信号が変わるタイミングを予想してやるやり方のほうだと0.6メートルで止まれた\(^-^)/

その教官の中で過去1らしい!いえーい!

 

もう1人、教習受ける人いてその人はフライングしまくり笑

 

 

それが終わったら今度は街中を50kmで走っててどっかから車が出てきたりするやつ。

 

最初は団地みたいなのところを走ってて交差点で左から車が飛び出してくるのだった。

まあ、ぶつかるよね笑

 

そのあとは、車間距離が短くて大きい道路で前の車が左折しだすやつ。

ぶつかるよね笑

 

と、ほぼぶつかるの確定してる状況でのシミュレーション。

 

自分は受けてないけどもう1人のほうが唯一回避できるやつやってて(まあ、ミスって開始直後に終わったけど)、高速走ってて右側に車いて前のトラックから荷物が落ちてくるシチュエーション。

 

これは右に避ければ車に接触するから左の路側帯に逃げれば回避できるらしいやつ。

でも、だいたいの人は右に避けるらしい。

 

それは日本が左側通行で基本左側に障害物があるから自然と右に避けるようになってるらしい。

まあ、街中で前から荷物落ちてきて左側の歩道に避ける人なんていないからね。

 

まあ、しっかり自分の逃げ道を確保した上で走ってねっていうシミュレーターだった。

 

グランツーリスモと提携してくれれば高画質なのにな〜とか思いながらやってた笑

 

あと2回実技(うち1回はみきわめ)したら中型、1段階目の検定!

なんとかなるでしょう笑

 

では、また!