心因性頻尿ライダーの独り言・はてなブログ

ブログで稼いだお金で美味しい焼肉を食べることを夢見る心因性頻尿と戦うポンコツライダーの日記

神経性・心因性頻尿になったお話。治し方、克服できたよ

f:id:masaki4927bike:20180911195434j:plain

こんにちは、読んでない本が10冊ほどあるのにまた新しく本を3冊買ったMASAKIです。

 

ブログ名にもある神経性・心因性頻尿になった僕の話をしたいと思います。

 

見た目にはわからないけど、こんなのを抱えている人がいるんだな、

また、この病気について少しでも多くの人に知っていただけたらなと思います。

 

多分、いま以前の僕と同じように苦しんでる方がたくさんいると思います。

 

一番はその同じ境遇の人に少しでも、元気を与えることができたらと思ってます。 

 

そんな人たちの力になれたら僕は嬉しいです。

1人で苦しんでる方がいれば気兼ねなく僕に相談してください。

Twitter@masaki___00

 

身近に僕と同じように苦しんでいる方がいればこのブログをすすめてくれると嬉しいです。

 

また、文字色はいつもと違うリラックス効果のある青色で書いています。

もし読みにくい等の声が多かったらもとに戻します。

 

 


目次

 

神経性・心因性頻尿とは?

心因性頻尿は、精神的に緊張している状態が尿意を催させ、更にそのことに強く囚われてしまう病気です。無意識に囚われることで尿意を頻繁に感じるようになり、そして更に尿意を感じやすくなるという悪循環が生まれます。理想と現実のギャップなどに悩まされやすい、青年層に多くみられる病気です。

下記ブログ引用

心因性頻尿の症状・原因・治療 Doctors Me(ドクターズミー)

引用した記事に要約されてるのですが、、、(笑)

ひどい場合だと常に漏れそうなほどの尿意に苦しみます。

でも、トイレに行っても全然出ません。

 

発症した時期

発症した時期は2013年の6月頃です。

高校2年生でした。

 

それから今(2018年現在)もずっと続いてるので6年目になりますね。

長い付き合いだ(笑)

 

ただ、本当に苦しかった期間は3年間ほど。

本当にもうこのままじゃ仕事もできない...好きな事も何もできない...

なんて考えるほど苦しかったです。

 

それからは症状も少し落ち着いてきて、外に出かけようかなって思えるほどになりました。

今では、普通に皆と過ごせるくらいになりました。

映画も行きますし、この前は結婚式にも出席しました。

 

会議の前だったり、トイレに行けない状況になるのがわかってたら必ずトイレに行かないと不安になってやばくなりますが(笑)

 

 

僕の症状のひどさ

僕がこの頻尿になった当初は、10分も耐えられないくらいでした。

 

朝起きて1回、

30分の電車で2~3回、

駅から5分弱の駐輪場に着いて1回、

15分ほどの自転車通学で1回、

学校について1回、

授業は10~15分受けて残りはずっとトイレに引きこもる。

6限あるので6回。

5限受ける前の休憩時間にも行くので学校にいる間は7~9回。

帰りは一人になって時間の制約がなく気持ち的に落ち着いてるので学校から家まで2回ほど。

 

時には、学校が目の前に見えててあと信号1つ渡れば着くっていう状況の時も苦しくて引き返して帰った事もあります(笑)

 

なので、一日に15回~20回くらいですね。

しかもこんだけトイレに行っているのに出るのは4~5回ほど。

出てもほんの少し・・なんてしょっちゅう。

 

あとはめちゃくちゃ漏れそうな尿意があるにも関わらず全く出ない。

なんとかある程度耐えてトイレに行くという感じ。

 

10分くらい出そうとしても出ないからトイレから出ようとするとまた、強烈な尿意がきてトイレに駆け込むという悪循環。

 

頭で出ないって思ってても強烈な尿意がきて結局またトイレに。

 

ただ、寝ている間・家でリラックスしている間は症状は和らぎます。

なのでなった当初はほとんど家から出ず、Youtubeを見るかゲームをしてました。

 

 

原因はわからない

原因は未だにわかってません。

もう探すことも諦めましたが(笑)

あまり自分の意見を言わない人間なので、自分の意見が言えなかったりとかでそれが積もりに積もってなったのかな〜と感じてます。

 

ストレスというものもわからないので、どういった時に自分にストレスがかかってるのかもわかりません。

 

もちろんイライラしたりする時はありますが、僕の中でイライラ=ストレスではないですね。

 

完全に「イライラはイライラ」「ストレスはストレス」みたいに別モノ扱いです。

 

心療内科に行ったけど無駄だった

症状が出て半年くらいした頃に心療内科に行きました。

幸い母親が看護師で仲も良かったので(というかとても隠せるような状況じゃなかった)

こういう類の話はしやすく、すぐ泌尿器科に行きましたが異常はありませんでした。

 

なので心療内科に行きました。

自分が診察を受けた先生は始めに、気にしないように運動や趣味に集中するといいですよ。と言ってきました。

でも、運動してても気になるし授業も集中しても気になります。って言っても毎回同じような事を言ってきたので、もうこの先生はダメだなってなって行くの辞めました(笑)

 

こればっかりは先生が合う・合わないあると思うので通ってよかった人、僕みたいに無駄だと感じた人がいると思います。

 

合わなければ他を探せばいいとありますが、そんな気力ないですからね。

お金もかかりますし。

 

薬も処方されましたが、効果が実感できなかったので服用をやめました。

 

 

 克服するためにやってきたこと

1.自分が頻尿だと受け入れる

なった当初は、なんで自分がこんな病気に...なんてめちゃくちゃ落ち込んでましたが、自分は頻尿なんだ~ちょっと皆より回数が多いだけって受け入れると多少楽になりました。

 

こう考えるようになったのが、症状が落ち着いてきた3年経った頃です。

かなり時間かかりました。。。

ちょうど就職をして環境が変わって、寮に暮らし始めたというのもあると思います。

 

2.「気にしないようにする」ことをやめた

恐らく多くの人が先生やネットで、気にしないのが一番!って言われてると思いますが、気になるもんは気になるので自分は今トイレに行きたいんだー!!なんて心の中で叫ぶのがいいです。

 

もう、いっそのこと気にしまくってください。

絶対見るなよ?って言われると見たくなるように、気にしないようにすると余計気になるので。

 

3.トイレにすぐ行ける状況で外出する

僕がやったのは、1人で出かける事です。

1人だと誰かに合わせることもないですし、好きな時にトイレに行けます。

あと、兄とも仲が良かったので一緒に映画(シン・ゴジラ)も見に行きました。

この時はまだ落ち着いてる時でも1時間半ほどしか耐えられかったので、始まって1時間くらいで1回トイレに行きました。

 

4.尿漏れパッドを使う

僕自身これには抵抗あったんですが、就職する時にさすがに10分おきに行って何十分もトイレに籠るなんてのはできないので仕方なくといった感じです。

 

ただ、効果は絶大でした。

つけていて万が一の時のための安心感。

それに特につけてて違和感ないですし、周りから見てもわかりません。

 

女性用ナプキンのCMを見てもらったらわかると思います。

企業の方が相当な努力をしてくれてるので安心して付けられます。

 

一度もつけた状態でしたことはありませんが、全然違うので一度試してみることをおすすめします。

ただ1時間もすれば耐えられないくらい尿意がくるので、お前大丈夫か?ってくらいソワソワしてる時もありました。

大丈夫じゃないんですけどね(笑)

 

ちなみに自分が使用しているのは↓です。

ドラッグストアに行ってレジに持って行くのは恥ずかしいとかあると思うのでネットで買えばいいです。

正直、一度だけドラッグストアで買いましたが皆そんな見てないし気にしてません。

 

 5.好きなことをする

趣味をしている時の集中力って半端ないです。

皆さんもいつのまにか2時間経ってた。みたいな経験あると思います。

今までの自分を見返してみて、そういう経験をした時、何をしてたか思い出してください。

 

それをしてみて、何時間トイレに行かずにすんだか記録をとってください。

30分・1時間は耐えられるなって感じで少しずつ自分に自信をつけていって、我慢できる時間を長くしていけばいいと思います。

 

6.カフェインを摂取するのをやめた

カフェインには利尿作用が含まれてます。

なので、極力控えることをお勧めします。

代表的なものでコーヒー、紅茶、エナジードリンク(レッドブルやモンスターなど)

あとはお茶やコーラなんかにも含まれてます。

 

どうしてもコーヒーが飲みたい方はデカフェのものを飲むと良いです。

お茶は、ルイボスティー黒豆茶タンポポ茶などがあります。

黒豆茶はきな粉みたいな味です。

 

僕がよく飲んでるこちらのルイボスティーは水出しもできるので楽でお勧めです。

レースの時は2ℓのペットボトルの中に1つ放り込んでます。

 

7.自分のことをダメなやつだと思わない

頻尿になった自分は何もできないダメなやつだ..なんて思わないでください。

全然ダメじゃないです。

それより、皆より抱えるものが多い中頑張って生活してるんですよ?

凄い事じゃないです。

もっと自分を褒めてあげてください。

今日もよく頑張ったな~って。

 

それに僕の尊敬するUVERworld

【一番いけない事はさ 自分はダメだと思うこと】って言ってますし。 

 

 

周りには恵まれていた

大変ありがたいことに、周りには恵まれていました。

高校生の時も、先生からの理解もありましたし友達も今まで通り接してくれました。

 

授業の時は、「トイレ大丈夫か?」なんてちょっとふざけた感じで声かけてくれたりもしましたし、トイレから帰ってくると「おかえり~」って言ってきたりもしました。

 

ただこれは僕の場合はよかったんですが、こういのが苦手な人もいるのでそこらへんは相手の性格を見て、柔軟に対応してあげてください。

 

あと、休部してたんですが部活のメンバーからも来いよって言ってもらえたり。

でも、それが嬉しい時もあれば、苦痛になる時もありました(笑)

 

 

現状

今、僕は完治までとはいきませんが皆と特に変わりなく生活できています。

自分自身あまり頻尿だと思ってません。

多い時は、ちょっと今日は回数多いな~くらいな感じであまり深刻に考えてません。

 

友達と遊びますし、映画も見に行きます。

趣味のカメラを持っていろんなとこに行ったりもしてます。

www.masaki49.com

 

仕事も基本いつでもトイレに行ける状況なのでとりあえずはなんとかなってます。

それでも1時間に1回は行きますが。

これはもう半分癖みたいになってますが(笑)

 

UVERworldとの出会いで変わった

こうやって書くとメンバーに会った事あるのか?って思われそうですが、会った事はないです。

 

確か高校2年生の夏休みの時に、いつものようにYoutubeを見てて、UVERworldの東京ドーム公演のを見てた時にTAKUYA∞

【口に出さねえと何にも叶わねえぞ、口にも出せねえような夢は何にも叶わねえぞ】って言ってたのが響いて、そっからいろんな曲を聴いていつも元気をもらってます。

 

今では頻尿になってよかったと思ってます

こんな事を書くと今苦しんでる人からすると、は?なんて思うかもしれませが、頻尿になってなかったらレースをこんなに打ちこめてなかったと思うし、目には見えないけど何かを抱えている人がたくさんいることに気付けなかったかもしれないからです。

 

それに、すでにTwitterで繋がって同じ境遇の人で僕を見て自分も頑張ろうって言ってくれた人がいるからです。

 

まとめ

僕からは完治してないので、完治するよ! なんて言えませんが、ある程度もとの生活をするまでには回復することができます。

中には、完治した人もいるみたいですが。

 

最初に書いた通り、僕の症状はかなりひどかったと思います。

でも、今は過去の記事を見てもらったらわかるようにいろんな事が出来てます。

www.masaki49.com

 

www.masaki49.com

 

頻尿になった、外に出る事さえ億劫だった自分がマラソン大会に出る(実際は台風の影響もあり出なかったんですが)なんて事も想像できませんでしたし、今はこれからいろんな事に挑戦したくてワクワクするなんて事も想像できませんでした。

 

このブログを読んで少しでも皆さんの希望になれればなと思ってます。

 

では、また!

 

 

 

 

 

>